身の安全の確保

机の下に入ったり、座布団などで頭部を守って身の安全を確保してください。棚やタンスなどからは離れましょう。普段から高いところには物を置かない、家具類には転倒落下防止の処置をしておくことが大切です。

火の元の始末・点検

大揺れがおさまり、安全が確認できたら、まず火元の始末をしてください。停電後の復旧工事による通電での火災の可能性もあるため、コンセントに差し込んだ状態の電気器具にも注意してください。

あわてて外に出ない

大揺れは1分程度でおさまります。あわてて外に飛び出すと、看板や外壁などの落下物にあたったり、割れたガラスでけがをするなど危険です。周囲の状況をよく確かめ、落ちついて避難しましょう。

避難時は階段を利用

地震の時は、停電になっていなくても揺れにより安全装置が作動してエレベーターが使えなくなります。動いていても途中で余震があると、閉じ込められる危険性がありますので、決してエレベーターを使わず、階段を利用してください。

安全な避難場所へ

防災グッズを準備しておくと安心です。
地域ごとに避難場所が指定していますので指定された避難場所をあらかじめ確認しておきましょう。