【6月のお便り】雨の季節。


さあ、雨の季節。
どう過ごしましょうか?

もくじ————
■一に換気、二に換気
 ・湿気が溜まるのは…
 ・お風呂場の換気が肝心
 ・部屋干しは?
■虫にご注意
 ・ベランダ周辺
 ・台所・水回り
 ・窓辺
■大雨に備えて
—————————

一に換気、二に換気


お部屋の環境の維持、
カビの発生を防ぐには、
とにもかくにも湿気対策!
換気をしよう!


◆湿気が溜まるのは空気がよどんでいるところ
クローゼットや押し入れなど、
空気がよどむ場所は湿っけやすいです。
服と服の間を開けたり、すのこを引くのも◎
窓のないお部屋、納戸などは、
サーキュレータなどで風の流れをつくりましょう。

室内は、朝一や午前中、
気温が上昇する前の時間帯に換気を。
気温が上がる午後から夕方にかけては湿度も上がります。

◆お風呂場、洗面所の換気が肝心
じめじめとして不快な季節、
せめてシャワーやお風呂でさっぱりしたい。
そのためにも浴室は清潔に保ちたいですよね。

そこで大事なのは、やはり換気!
お風呂あがり、換気扇は必ずONに。
窓があれば、窓もOPEN!
換気扇がなかったり、
湿気がこもりやすい場合は、
水気をできるだけふき取りましょう。

カビ対策、カビ除去には、
「キッチンハイター」がおすすめです。
ひとつ持っておくと、
キッチンにもお風呂にも使えて便利◎
使いやすいのは泡タイプ。
扉のパッキンやタイルの目地の黒カビに
シュッシュとスプレー。
垂れてくる部分はラップやコットンなどで押さえて
密着させましょう。

◆部屋干しは?
まず、言わせてください!
カーテンレールにかけるのはNGです…。
レールをゆがめてしまったり、
傷つけてしまう他、
カーテンや窓周りがしけて、
カビや部屋干し臭を発生させる可能性も。

できるだけ、折り畳み式などの洗濯干し等を用いて、
洗濯物同士の距離を確保して干すようにしましょう。
送風し素早く乾かせば、雑菌の繁殖が抑えられます。

また、臭いがとれなくなったら、
煮沸するのもおすすめです。
タオルとかなら簡単です◎
ふきんやタオルをお鍋に入れて、
重曹と一緒にぐつぐつ、ぐつぐつ。

とはいえ、梅雨のあいまの晴の日は
カンカン照り。
天気予報をチェックして
調整するのが結局一番よいのか…。

虫にご注意

また、この季節、
入居者さんからのお電話で多いのが、
「虫」に関すること。
お部屋を清潔に保ち、
できる限り防止しましょう!!



◆ベランダ周辺
外に置いてある段ボールなど、湿っけていませんか。
湿けた段ボールなどは、Gを含む虫たちの温床になります…。
虫たちの「心地いい場所」をつくらないことが大事!

それから、ゴミ。
ベランダに出しておく場合は、
できるだけ「ゴミ箱」を用意してくださいな。
ゴミ袋をきゅっとしめて、
気密のしっかりしているゴミ箱にイン。
生ものが乗っていたトレイは
洗ってから捨てる方が◎。

面倒だな~と思うかもしれませんが、
虫との遭遇を防ぐには、やるしかない…。
(↑これが結構モチベーションになります。
だって見たくないから…)

ベランダは「共用部」。
隣近所お互いのために、
清潔に保つようお願いします。

◆キッチン
恐怖の存在G…。
対策方法は調べると色々出てきますが、
まず、なんといっても基本中の基本は、
ベランダ(ゴミ含む)とキッチンを清潔に保つこと。

甘い香り、アルコールや油、
食べ物のにおいが大好きらしいですから、
洗い物をためない、
空き缶などをためない、洗って捨てる、
生ゴミはこまめにとり、きちんとくくってゴミ箱へ。
そして最後に、
キッチン用アルコールをシュッシュのシュ。
除菌にもなりますし、一石二鳥です。

また、シンク下の湿気にもご注意。
パイプ周りに水滴がついている場合はこまめにふき取り、
除湿剤などを用意するのがおすすめです。
食品もできればあまり置かないで。
例えばホットケーキミックスやお好み焼き粉など、
色々混ざっている粉ものは虫が出やすいです。
開封後はきっちり封をして、冷蔵庫へ。

◆窓辺
網戸をしているのに、どんどん虫が入ってくる。
網の目が大きいから?建付けが悪いから?
いや、もしかしたら、
「開け方」が悪いのかもしれません。

網戸を開けるとき、
右・左、どっちでもいいと思っていませんか?

網戸と直に重なっている方の窓を開けると、
網戸と窓の間に隙間が空いてしまい、
虫が入ってき放題になってしまいます。

網戸と重なっている方を開けたい場合は
全開にして隙間をなくすようにすればOK!

▼こういうこと

この仕組みを知っていれば、
入ってくる虫はだいぶん減るはずですが、
小さな虫が入ってくるかもしれません。
例えば「ユスリカ」…。

川辺などで柱になっているあの軍団は、
雨の後、カッと晴れて気温が上昇したときに
発生しがちなようです。
その条件が合わさった日はちょっと用心。
そんな日には、
対策スプレーを窓辺にシュっとしておくのも◎。

大雨にそなえて

雨の威力が年々増しているような気がします…。
フラットの物件が多い北区や左京区は
自然が多く、環境が良いのが魅力ですが、
川の増水や土砂崩れなど、万が一への備えも必要です。

▼京都市web版水害ハザードマップ
http://www.bousai-kyoto-city.jp/bousai/hazardmap/index.html?lay=shinsuishin_uji
避難場所も合わせて確認できます。

「避難勧告」が廃止され、
「避難指示」で必ず避難することになりました。
(5/20~、今までの避難勧告レベルで
「避難指示」が出されるように。)
ぜひ避難場所の確認をしておいてください。

▼京都市水害ハザードマップ(PDF)
北区 左京区 上京区・中京区 東山区・下京区 右京区 南区 山科区 その他すべて

***

「家のつくりやうは、夏を旨とすべし。」

空調設備の進化、暮らしの変化、
この一文が独り歩きしてしまった兼好法師の憂鬱、
いろいろ考慮すべきことはあるにせよ、
この季節になると、この一文が脳裏をよぎります。

とはいえ、雨にしっとりと濡れる日本建築は美しく、
なんだかんだ、このやっかいな季節とも
折り合いをつけてやってきたんだなぁとも思ったり。

…なんてのんきに言っている場合じゃない、
大雨や大雨による災害、
その威力が年々増しているのも、また事実。

もう少し季節が進むと台風もやってきます。
LINEでもできる限り、
備えに関する事前案内をしていきたいと思います。

梅雨の晴れ間の気温上昇も体に堪えます、
熱中症にお気をつけてお過ごしください。
エアコンの調子も早めに確認しておいてくださいね。

=====

ふらっとさんLINEでは、
管理物件にお住いの皆さまにお伝えしたいこと、
例えば夏の豪雨前にしておいてほしいこと、
冬の凍結予防のためにしておいてほしいこと、
などなど、大事なお願いや注意事も配信予定です。
入居期間中はお友だち登録を
どうぞよろしくお願いします(´ωωωω`)

[次回は7月上旬配信予定]